【スノーピークのポールケース代替】スノーピーク愛用者にもお勧めしたいユニフレームUFポールケース800 ※スノーピークのポール何本入る?

camp
いくお
いくお

私はスノーピーク製品を愛用しているのですが、ウィングポールやIGTアイングリルテーブルの脚などを持ち運ぶのが煩わしくなってきています。

恥ずかしながら、IGTの脚は、そのまま車に詰め込んでおり、運転中、カランカラーンと配置した場所から移動したりしていました。。


今回、ようやく納得のいくポールケースを見つけましたのでご紹介します。

ポールケースをケチって早3年。何が不満だったのか。

私は、2018年にキャンプデビューをしました。

スノーピーク製品を愛用しているのですが、徐々に装備が充実してきています。

それに伴い、積載の手間がかなり億劫になってきました。

  • 積載はマンションのエレベーターをフル活用。何度も行き来する。
  • IGTの脚はむき出しのまま、ポールは付属のポールケースに入れているが、いくつも抱えている状態

思い切って、ポールケースを買う決意をするも、

スノーピークのポールケースはやはり高価で躊躇していました。

かつ、横幅が96cmとちょっと長すぎる感がありました。

代わりのものを探していて、ちょうど良いものがあったのですが、

これがかなり良い。大満足だったので、紹介します。

UFポールケース800が素晴らしい

幅がちょうど良い

項目内容
サイズ約82×16×18(高さ)cm
材質ポリエステル1680D
重量約550g
UNIFLAME ホームページより

幅が約80cmとなっているのがちょうど良いです。

スノーピークのポールは基本的に60cmと70cmの組み合わせで出来ています。

例えば、ウイングポール 280cm は 70cm x 4個 を連結しますし、

200cmのものは、70cm x 2個、60cm x 1個 を連結して組み立てます。

そのため、幅が80cmというのは、取り出しなどを考えると引っかからず、

ポールケースとして非常にちょうど良い幅となります。

しっかりしている

畳んでいる状態では、薄っぺらい状態ですが、

中を広げると、しっかりと自立していて、ポールを入れやすい形になっています。

まだ長期間使用したことはないので、耐久性があるかはわかりませんが、

ポールを一杯に詰め込んでも、生地が破れそうなどの不安はありません。

大容量:スノーピークのポールが結構入るぞ!

これが今回、試したかったことでもあります。

私が保持しているポール類は以下となります。どこまで入るでしょうか。

  1. ウイングポール 280 cm を2つ
  2. 210cmのポール. TAKIBIタープのサイドに使っています。
  3. IGTアイアングリルテーブル 830脚 4つ
  4. IGTアイアングリルテーブル 660脚 2つ
  5. アップライトポールセット 190cm(3本継) を2つ

本数に変換して整理します。

  1. [30mm] 70cm x 8本
  2. [30mm] 70cm x 4本, 60cm x 2本
  3. [25mm] 84cm x 4本
  4. [25mm] 67cm x 2本
  5. [22mm] ?cm 3本継 x 2本

先に結論をいいますが、これ全部入りました

TAKIBIタープ オクタ に必要なポールがすっぽり収納できる

1.2.は、TAKIBIタープオクタで利用しているポールですが、これらを収納してもまだまだ余裕があります。

IGTアイアングリルテーブル 6本も入る

ポールに加えて、IGTの脚(3.4.)も入ってしまいました。

え、、、幅82cmのポールケースでしたよね。。

IGTの脚は84cmのはずですが。。。

少しはみ出るのですが、入ってしまいました。

本当は、90cm幅のポールケースの方がいいのでしょうが、高いのです。。

これも良さそうですが、経済的に却下しました。

アップライトポールもなんとか入る

ケースに入れたまま、詰め込んでみました。

さすがにもうパンパン気味です。

ですが、チャックを閉じるとこんな感じです。

端が少し出っ張っていますが、入ることは入りました。

まとめ

以上、スノーピークのポールにフィットするポールケースの紹介でした。

  • ユニフレームのUFポールケース800はスノーピークのポールも収納できるサイズ感
  • 30mmのポールを14本入れてもまだ入る
  • アップライトポール、IGTの脚なども入れられる
    ※注意:830タイプはサイズを超えているのでお勧めはしない。

今回紹介した商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました