【時短】Excelの資料作成を爆速化するための2つの方法。クイックアクセスツールバーとショートカットキーを駆使!

Excel

クイックアクセスツールバーを使いこなす

クイックアクセスツールバーとは?

「クイックアクセスツールバー」は、下図の赤枠で囲っている箇所を指します。

デフォルトでは、一番上に配置されていますが、リボンの下に設定することも可能です。

よく使う機能を1クリックで実行できるように設定できる領域となります。

この機能を活用することで、実行したい処理にクイックにアクセスできるようになります。

ここで設定したものは、新規ファイルを開いたり、エクセルを再起動しても、有効になりますので、一度設定すればOKです。

クイックアクセスツールバーへの追加方法

※後述する方法でも可能ですが、見慣れているリボンから追加するのが早いと思います。

リボンの[フォント]→[フォントの色]にマウスのフォーカスを合わせて、右クリックします。

クイックアクセスツールバーに追加(A)を選択すると、以下のように設定されます。

このように設定しておくことで、

リボンを折り畳んでいても、瞬時にアクセスできます。

エクセルシートを有効に活用したい場合には、リボンを折り畳むことも多いと思います。

そのたびに、リボンを開いて、必要な要素にアクセスしていくとなると、手間ですので、ぜひ活用してみてください。

クイックアクセスツールバーから削除する方法

例として、[元に戻す]を削除します。

左に向かっている矢印にフォーカスを合わせて、

右クリックを押します。

[クリックアクセスツールバーから削除(R)]

をクリックします。

下記のように削除されていることがわかります。

ショートカットで実行できるものは設定不要です。

私は、デフォルトで設定されている[保存][やり直し]も削除しています。

クイックアクセスツールバーの設定方法

クイックアクセスツールバーの下矢印をクリックすると、

[その他のコマンド]が出てきますので、こちらをクリック.

下図が表示されます。

3つのポイントを理解すれば、簡単に設定が可能です。

①順番の入れ替え

ツールバーの順番を設定できます。

どこかの項目にフォーカスを合わせると、上下の矢印が有効になりますので、

好きな位置に設定してみてください。

②追加と削除

左側のウィンドウに記載されているものを追加できます。

逆にクイックアクセスツールバーに設定されている(右枠)の項目を削除できます。

③カテゴリの選択

追加したい項目を[コマンドの選択]から選ぶことができます。

カテゴリごとに選択できるので、こちらから探すことも可能です。

クイックアクセスツールバーの初期化方法

[その他のコマンド]から、以下の設定画面を開き、

[ユーザー設定]欄の[クイックアクセスツールバーのみをリセット]を選択します。

設定におすすめの機能

基本機能

以下の機能は、文字装飾としてよく利用する機能ですので、

設定しておくことをお勧めします。

  • フォント
  • フォントサイズ、フォントサイズの拡大・縮小
  • 罫線
  • 塗りつぶしの色
  • フォントの色

良く使う機能

  • 結合(横方向の結合)
  • 選択範囲内で中央 ※説明のみ.
  • 文字の割付
  • 方向
  • データの入力規則

上記の機能は、良く使うのですが、意外と知られていない機能だったりします。

順に説明します。

※[選択範囲内で中央]は、設定したいのですが、残念ながら登録できないようです。

機能を紹介するために、こちらに記載させていただきますが、実際に実行するには、後述のショートカットキーとの合わせ技で行ってください。

ここではマクロの設定までは踏み込みません.

横方向の結合

この機能は、「横方向の結合」を複数行まとめて行うことができます。

動作イメージを見ていただくのが早いと思います。

H9からJ18まで選択すると、選択された行毎にデータが結合されます。

選択範囲内で中央

「横方向の結合」を紹介したばかりですが、

「結合は悪」と考えている方もいらっしゃると思います。

この方法は、複数セルを選択した中で、中央に文字を表示する方法ですので、

セルの結合をすることなく、セルをまたがって文字を配置することができます。

下記のように、中央に設定したい範囲を選択します。(左図)

設定後は、この選択範囲内で中央に位置します。(右図)

範囲を選択した状態で、Ctrl + 1 でセルの書式設定を起動します。

横位置の欄にて、[選択範囲内で中央]を選択して、OKを押すだけです。

文字の割付

「文字の割付」は、セル幅に応じて、文字列を割り当ててくれれます。

こちらも具体的な実行イメージがあった方がわかりやすいと思いますので見ていきましょう。

文字を複数行に分割する

1つのセルに収まらないほど、文字列が設定されているとします。

この状態で「文字の割付」を実行すると

文字列がセル幅に応じて、複数行に記入されます。

複数行に1列に統合する

逆に、複数行にあったものが、

1つのセルに収まる幅であれば、1セルに結合してくれます。

方向、入力規則

「方向」は、縦書きの設定などが可能になります。

入力規則は、セルの値を指定した文字列の中から選択させる場合に用います。

ショートカットキーを覚える

クイックアクセスツールバーよりも、ショートカットキーで操作できた方が、

確実に速いです。

本当によく使うコマンドは覚えておくのがよいと思います。

コマンド内容
Ctrl + Cコピー
Ctrl + X切り取り
Ctrl + V貼り付け
Ctrl + Z元に戻す
Ctrl + Y元に戻した操作をやり直す
Ctrl +S保存
Ctrl + Shift + S別名で保存
Ctrl + 1セルの書式設定
Ctrl + 5文字の取り消し線
Ctrl + Shit + Lフィルターの挿入
Ctrl + PageUp左シートへ移動
Ctrl + PageDown右シートへ移動
Shift + Space行の選択
Ctrl + Space 列の選択
Ctrl + +選択範囲で挿入
Ctrl + –選択範囲を削除

ショートカットを組み合わせることで、行を追加することが可能です。

私は、以下の方法で行っていますが、もちろん、アクセスツールバーで設定しておくでも可です。

Shift + Space → Ctrl + +

削除するには、以下

Shift + Space → Ctrl + –

まとめ

以上、良く使うコマンドのクイックアクセスツールバーとショートカットキーの紹介でした。

  • クイックアクセスツールバーを活用すると、操作が早くなる
  • 欲を言えば、ショートカットキーで済ませたい
  • 一度設定すればOK.
    ※設定をエクスポートすることも可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました