7つの習慣を取り入れた手帳 3選

キャリア

7つの習慣を実践したいけれど、お勧めの手帳はない?

いくお
いくお

今回、「7つの習慣」の要素を取り入れている手帳を紹介します。

考え方を適用すれば、他の手帳でも実践できますが、予め考える要素が入っている手帳を紹介します。

「時間の使い方」を変えましょう

おそらくこの記事をご覧の方は、

「時間の使い方を変えたい」と思っている人じゃないでしょうか。

  • 仕事が忙しい
  • プライベートの時間がない
  • やりたいことができていない

など、タスク管理だけではなく、時間の使い方に課題を抱えている人だと思います。

そのため、「7つの習慣」を取り入れたいと思われていると想定していますが、

最初にお伝えしたいことは、7つの習慣にこだわらず、

「時間配分を変える」ことが目的にあるということを忘れないで欲しいということです。

「決意を新たにする」だけではなく、具体的に「何に時間を費やすのか」を考え、

時間配分を変えることが出来るかどうか、を考えることが重要です。

様々な人が、この言葉に反応しています。

7つの習慣は、この時間に対する考え方を見直せます。

そのため、7つの習慣を活用した「手帳」を紹介しますが、

あくまでも手帳はツールと考えた方がよいと思います。

手帳を使いこなせないと、7つの習慣試したけれど使えないね。

ってなってしまいます。

手帳が使いこなせないのか、

考え方が取り入れられないのかは区別して考えた方がよいです。

そして、自分にあう手帳がない場合は、自作するのがお勧めです。

私はいろいろ試した結果、自作するのに落ち着きました。

7つの習慣を取り入れている手帳

あくまで、私が7つの習慣の「要素」が入っている、

と感じたものですのでご了承ください。

7つの習慣入門手帳 (フランクリン・プランナー)

7つの習慣を実践するための手帳です。

入門手帳ですので、手帳の使い方などの説明も記載されています。

7つの習慣を読んでいなくても、実践しやすくなっています。

7つの習慣リフィル版 システム手帳 (フランクリン・プランナー)

リフィルタイプですので、好きなリフィルを組み合わせて手帳を作ることができます。

ネックなのは、システム手帳も購入する必要がある点です。

予算がある人は、システム手帳も購入して気分を高めるのもいいですね。

7つの習慣リフィルは穴の幅が特殊で、

他のシステム手帳で利用することができないので注意が必要です。

なお、システム手帳はのサイズは3タイプありますので、

持ち運ぶことが多いのかどうかなども考慮して判断しましょう。

種類サイズ穴の数
ポケットサイズ153mm×89mm6穴
コンパクトサイズ172mm×108mm6穴
クラシックサイズ216mm×140mm7穴
Franklin Planner HPより作成

メモの魔力で有名なSHOWROOM代表の前田裕二氏も

フランクリンプランナーの手帳を使っているそうです。

在庫がなさそうですが、おそらくこちらかと思います。

NOLTY ビジネスベーシックダイアリー (日本能率協会マネジメントセンター)

Weeklyのページに、重要度と緊急度の軸が用意されています。

また、PDCAが回しやすいような作りになっています。

Plan, Doはスケジュールに記入し、

Check, Actionの欄もすでに用意されています。

メモ欄として余白もあるので、使い勝手はいいです。

ただ、7つの習慣をがっつりと試したい場合は、フランクリンプランナーを購入してみるのがいいと思います。

まとめ

以上、7つの習慣に対応した手帳の紹介でした。

重要なタスクに時間を割いて、人生を楽しみたいですね。

  • 7つの習慣はどのような手帳でも対応できる
  • 7つの習慣に染まりたいなら、フランクリンプランナーの利用がオススメ
  • フランクリンプランナーは、入門編とリフィル版が存在する
  • リフィル版は独自のサイズなのでシステム手帳もセットで購入が必要

今回紹介したサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました