【必見】プログラミング言語別で年収の違いはあるのか?(3年間の推移を確認)

プログラミング
いくお
いくお

プログラミング言語を学ぶ上で、年収との相関が気になりますよね。

ここでは、ビズリーチが運営す求人検索エンジン「スタンバイ」が調査しているプログラミング言語別年収ランキングを紹介します。

言語を選択する上での参考情報としてみてください。

プログラミングの人気をどう測るか

プログラミング人気を測る方法として、ざっくりと以下が存在します。

  • 利用実態から判断する
  • 求人数・年収で判断する

ここでは、後者の「求人数・年収」を元にランキングした結果を紹介いたします。

主に転職サービスを手掛けている企業が、求人をもとに調査・公開していることが多いです。

今回、ビズリーチが運営する(株)スタンバイ社が公開している調査結果をもとにみていきます。

なお、後者の「利用実態から判断する」については、以下に掲載していますので、こちらも参考にしてみてください。

結論

どのプログラミング言語を選ぶか、というのは、「何を実現したいか」によって変わります。

目的が明確に決まっている場合は、まだ絞り込みやすいですが、「漠然とこれから学びたい」と思っている人は、プログラミング言語の動向などをチェックしてみるとよいでしょう。

注意点として、プログラミング言語を選択する上で参考にはなりますが、「ランキングが高いからその言語を学ぶべき」ということではありません。

ランキング結果は、時代の潮流と共に変わってきますし、前述しましたが、分野によって求められる言語は異なってきます。

さらに、その言語が使えるからといって、高い年収が得られるとも限りません。高年収を獲得するには「プログラミング言語以外の能力も必要」と私は考えています。

その点に注意しながら、市場に求められる言語は何かを把握しておきましょう。

2018年から2016年にさかのぼって紹介していきます。

Pythonは3年間、唯一Top3に入っているのが興味深いです。

プログラミング年収ランキング

プログラミング年収ランキング 2018年

2018年の年収中央値ランキング1位はGo言語となりました。2位はScala, 3位Pytonと続きます。

2017年のランキングでは、Goは入っていなかったのですが、求人数が増えており、急速に人気が上昇しています。

年収はいずれも600万円程度が中央値となっていますが、最大年収は1,000万円を超えています。

これは単純にプログラミング言語が扱えるというだけではなく、「コミュニケーション能力」「マネジメント能力」「その他エンジニアのスキル」によって変化しているのではないか、と推測しています。

過去の年収ランキングも見てみましょう。

プログラミング年収ランキング 2017年

2017年度は、1位Scala, 2位Python, 3位Kotlinとなっています。

Python, Kotlineは2年連続Top3に入っています。2017年以前の調査は、中央値ではなく平均年収となっていますので、単純に比較はできないことに注意です。

プログラミング年収ランキング 2016年

2016年は、1位 Python, 2位Perl, 3位Rubyとなっています。

機械学習(人工知能)のニーズの高まりから、Pythonの人気がうかがえます。

一方で、求人数が最も多いのは「Java」ですが、平均年収は499万円と8位となっています。

未経験からエンジニア転職を目指すなら

プログラミング言語を学ぶ場合、独学で学ぶ方法もあります。

ただし、転職まで視野に入れている場合、体系だって学び、転職サポートしているスクールに通うのが早いと思います。

転職支援も行っているプログラミングスクールを以下に紹介します。

TechAcademy [テックアカデミー]

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

ポイント!

・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる

・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく

・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

こんな人にオススメ!

・過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した方

・非エンジニアで今の仕事にプログラミングやWebデザインのスキルを活かしたい方

・スキルを習得して、就職/転職、フリーランスを目指す方

気になった人は、無料キャリアカウンセリングへ。

tech boostオンライン

tech boostはエンジニアに特化したキャリアサービスを展開している株式会社Branding Engineerが 運営するオンラインプログラミングスクールです。

ポイント!

・キャリアから逆算されたカリキュラム
 ※エンジニアのキャリア支援を活かしたカリキュラム.

・AI, IOT, ブロックチェーンなど最先端技術も学べる

・オンラインスクールだから、全国どこでも受講可能

・エンジニアの人材領域に特化した人材紹介サービスを保有

こんな人にオススメ!

・大学生や第2新卒でキャリアチェンジを考えている方

気になった人はこちら → 未来のキャリアをつくる3ヶ月間のプログラミングスクール

プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

ポイント!

・オンラインで365日/7時〜24時迄、時間と場所を選ばずに学習できる

・マンツーマンだから自分のペースで確実に習得できる

・就職/転職やキャリアについての相談が無料でできる

こんな人にオススメ!

・自分のペースで学びたい方

・Webデザインやアプリ開発を中心的に学びたい方

まとめ

プログラミング別年収ランキングを紹介しました。

もしどのプログラミング言語を学ぼうか悩まれている人は、参考にしてみてはどうでしょうか。

分野によって求められる言語は異なりますが、Pythonなどは応用範囲も広く、個人的にはお勧めしています。

参考記事

「利用実態」のランキングについては、下記をご覧ください。

コメント

  1. […] 【必見】プログラミング言語別で年収の違いはあるのか?(3年間の推移を確認)いくおプログラミング言語を学ぶ上で、年収との相関が気になりますよね。ここでは、ビズリーチが運営 […]

タイトルとURLをコピーしました