プロジェクト規模に定義はあるのか?小規模・中規模・大規模プロジェクトの目安を紹介

IT
いくお
いくお

プロジェクトの規模を説明するときに「自分のプロジェクトは大規模と言っていいのだろうか」と悩んだことがあります。

同じように悩んでいる方には、参考になると思います。

結論

さっそく結論ですが、「明確な定義はない」ということが分かりました。

残念に思ったかもしれませんが、それが分かることで以下の価値はあります。

  • 「定義がない」と説明ができる。あるいは、定義がない前提で話を進めることができる。
  • いくつかの目安を知れる

それでは、いくつかの指標を紹介しますので、参考にしてみてください。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)による定義

調査データによる定義

規模目安
小規模30 名未満のプロジェクト
中規模30 名以上〜100 名未満のプロジェクト
大規模 100 名以上のプロジェクト
出典:Copyright 平成25年 IPA
アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査 調査報告書 〜調査編〜
平成 25 年 3 月 19 日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター p.17 表 3-4 規模別分類

下記の調査でも、「中規模が30-99名、大規模が100名以上」と同様の定義になっていそうです。

2012年3月28日 独立行政法人情報処理推進機構
プレス発表 中・大規模な開発プロジェクトで非ウォーターフォール型開発を成功させるポイント等を紹介

PM育成ハンドブックによる定義

現在は、公開されてないようですが、過去にPM育成ハンドブックが作成されていました。

下記に記載がありますが、「プロジェクト人数」「金額」などが規模の目安として利用されています。

PM 育成ハンドブック(2009年度版)p.36

しかしながら、データが古いこと、PM育成ハンドブックが現在継続していないことを考えると、この指標はあまり参考にならないかもしれません。

そのため、具体的な数値などはここでは記載せず、紹介程度にとどめておきます。

書籍「ソフトウェア見積もり」による定義

「ソフトウェア見積もり」では、最適な見積もり技法を選択するために、プロジェクトの規模を考慮しなければならない1要素としてとらえられています。

本書では、以下のように定義していますので、こちらも参考にすることができます。

「人数」に加えて「期間」の概念も入ってきています。

規模目安
小規模5 名以下
中規模5〜25名程度
3カ月から1年継続するプロジェクト
大規模 25 名以上
半年から1年以上継続するプロジェクト
出典:ソフトウェア見積もり 人月の暗黙知を解き明かす
第6章 6.1.2 プロジェクトの規模

まとめ

規模の指標を紹介しました。

人数だけで比較すると、「ソフトウェア見積もり」では、25名以上が大規模にも関わらず、

IPAでは、小規模に分類されるのが興味深いです。

おそらく、「対象とする業界」や「関心事」によって変わってくるのだと思います。

あまり定義自体にはこだわらず、説明するときには具体的に話すことで、認識のズレを防ぐことができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました