神奈川でキャンプ・川遊びするには西丹沢大滝キャンプ場がおすすめ

river_1 camp

コロナで自粛していたけれど、少しずつアウトドア(外遊び)を再開したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

私自身、趣味でキャンプに行っていたのですが、今年はコロナの影響で一回もいけていない状況でした。皆様がリフレッシュする候補の1つとなればと思い、レビューを掲載します。

結論としては、タイトルの通りお勧めです。

また時間ができたら行きたいと思います。

ポイント①:エメラルドグリーンの川。子供でも安心な浅瀬あり

川遊びを目的として、訪れただけあって、川が非常に綺麗で感動しました。

カエルもいたよ。オタマジャクシもね。

水流は強いところと、弱いところが混在しておりました。
実は、私が到着した時は、結構な雨が降っていました。

少し車の中で雨が弱まるのを待ってから、受付をし、その間にほぼ雨が止んだというラッキーな状況でした。雨の影響で、増水や川の流れなどの影響を気にしていたのですが、それでも子供が入っても大丈夫な水深、水流がありました。

※場所によっては、流れの早い場所、急に深くなる場所があります。一般的な川と同様、注意は必要です。近所のキャンプ場では、水難事故も発生していますので天候には十分にお気をつけください。

とはいえ、流れが弱い場所や、小さい子供が足を入れられる程度の川もあるため、比較的安全に遊べる印象でした。

ポイント②:フリーサイトで自由に設営・施設もなかなか

区画ではなく、フリーサイトです。

シーズン中は混んでそうなので、早めに到着するのが吉かと思います。

虫も比較的少ないイメージです。木が多いところには、ハチ?などがいましたが、川の方面では、気になることはありませんでした。

#別のサイトで、木の下にテントを立てたところ、イモムシだらけになってゲンナリしたことがあります。。。

また、写真にとり忘れましたが、ピザ窯もあり、みんなでワイワイするにはもってこい。

ポイント③:温泉近く、都心からのアクセスもよい好立地

中川温泉ぶなの湯という温泉が近くにあります。

当初は、ここに車を止めて、川で遊んでから温泉、という流れを考えておりました。

しかしながら、コロナの心配もあり、できるだけ人と接しない方がよいと判断し、今回は残念ながら見送ることにしました。

次回は、川遊び→温泉、という流れで楽しめたらと思います。

仮に東京駅から出発したとして、約100kmくらいの距離。

交通状況にもよると思いますが、約2時間程度で到着するのではないでしょうか。

私は、山梨方面にキャンプに行くことが多かったため、2時間以内に到着するのはかなり魅力的です。周辺にもキャンプサイトがいくつか存在しているので、このあたりは今後も活用していきたいと思います。

まとめ

私が行ったときは、誰もおらず貸し切り状態でした。

平日&雨のち曇り&コロナ の影響だと思いますが、人が多いと少し印象も変わってきたかもしれません。

デメリットとしては、「トイレが遠い」「サイトまでの小道が異様に狭い」などがありますが、それほど気になる程ではありませんでした。

近いうちにまた行ってみたいと思います。

興味がありましたら、ぜひ行ってみてください。

西丹沢大滝キャンプ場のHPはこちら

補足:川遊び用のサンダル

私は、川遊びのために、モンベルのキャニオンサンダルを購入しました。

川用のサンダルをまだお持ちでない方は、いろいろな種類が、各メーカーから出ているので探してみるのもいいかもです。

私は以下の基準で選びました。

  • 石などにつま先をぶつけないように、つま先が保護されているもの(※)
  • サンダル底が滑りにくいように配慮されているもの
  • 川の水を直接感じたい

※モンベルの店員さんにいろいろとお話を伺った時に、「なるほど」と思ったので基準に加えました.

私はモンベルで購入しましたが、それ以外でも上記の基準に合うものはありそうです。

パットみたところ、以下などコスパよさそうな感じがしました。


とはいえ、私の選択基準だと、砂や小石がサンダルに入ってきて歩くのが痛い、といったデメリットもありますので、それが絶えられない方は以下のようなものも検討してもよいかもしれません。


このようなタイプでも、川に入った後、陸で脱いだり履いたりしていると、砂はついたりしそうなので、使い方によってはそこまで対策にはならないかもしれないので、利用シーンを想定してみるといいと思います。

メリットとデメリット、どこに比重を置くか次第だと思いますのでご自身の基準を決めておくといいと思います。

皆さまが、楽しく川遊びができますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました