【クリップボード履歴ツール】 フリーソフト Cliborと[win]+[V]の併用がおすすめ(Windows版)

その他 便利ツール

コピーした履歴を自由に使いまわしたいのだけれど、やり方を知りたい。

いくお
いくお

クリップボードの履歴は、windows10では標準で用意されています。
ただ、個人的には使い勝手がまだ洗練されていない感じ。
フリーソフトと併用することで、作業が快適になりますので、win10標準とフリーソフト「clibor」を紹介します。

結論:画像はwin10標準、テキストはcliborを使おう

さっそく、結論からお話しします。
クリップボード履歴を使うことで、作業を効率的に進めることができます。

win10から標準でクリップボードの履歴を扱えるようになりましたが、テキストの履歴に関しては、検索性が悪いため、お勧めしません。

そこで、
画像の履歴は、windows標準を使い、
文字の履歴には、cliborを使うのがオススメです。

順に紹介します。

win10標準クリップボード履歴は、画像の履歴に活用しよう

[win] + [V]でクリップボードウィンドウを表示する

[Windowsキー] + [V] を押すと、クリップボードウィンドウが表示されます。
「有効にする」を選択してください。
※一度有効にすると、次回↑のコマンドを実行した際には、この画面は出なくなります。

[win] + [Shift] + [S]でキャプチャを取得する

それでは、実際に画像を取得してみましょう。
[win] + [Shift] + [S] を押すと、以下のような画面が表示されます。

デフォルトで一番左にフォーカスがあたっています。
切り取りたいものに合わせて使い分けてください。

左から切り取り方法内容
1番目四角形の領域切り取り指定した領域を四角形の形で切り取ります
2番目フリーフォーム領域切り取り自由にマウスを移動させて選択します。
3番目ウィンドウの領域切り取りウィンドウ毎に切り取ります。
アプリケーションなどにマウスのフォーカスを当ててみてください。
それぞれの枠にフォーカスされるので
切り取りたいところでクリックしてみてください。
4番目全画面表示の領域切り取り全画面の切り取りです。
デュアルディスプレイの場合、両画面取得します。
5番目閉じるそのままです。
終了して閉じる時に選択。

[win] + [V] で履歴を選ぶ

下記のように、画像が履歴に残りますので、コピーしたいものを選択してください。
指定したものが貼り付けられると思います。
もちろん文字も選択できます。

いまいちな所

  • 再起動すると消える
    ※ピン留めをしていれば大丈夫そう
  • 履歴の検索ができない
    ※これが地味に辛い
  • 定型文とかも保持しておきたい

ということで、↑が解決されるまで、私はcliborを併用することにしました。

windows フリーソフト cliborをテキスト履歴に活用しよう

Cliborのダウンロード

cliborと検索してみてください。
ダウンロードできるサイトがいくつか見つかると思います。
私は、下記の窓の社からダウンロードした記憶があります。

窓の杜
「Clibor」定型文の挿入もできるテキスト専用のクリップボード履歴ソフト

cliborの起動

ダウンロード後に、clibor.exeを実行。
[Ctrl]を2回押すと、下記のような画面が表示されます。
適当にコピーすると、cliborへ設定されていきます。

使いたくなったら、また、Ctrlキーを2回押すだけで、呼び出すことができます。
定型文も登録しておけるので、よく使うものは、定型文に登録するとよいと思います。

履歴は最大1,000件まで保存可能ですが、これほど保存すると探すのが大変なので、
[Ctrl] + [Shift] + [F] で検索することができます。重宝してます。

PC起動時にCliborを起動する

上述したように、clibor.exeを実行後に使用できるようになります。
シャットダウンすると、clibor.exeも終了するため、起動時にまたexeを実行しなければなりません。
これは手間ですので、起動時に自動で実行するように設定しておきましょう。

[win] + [R]で、ファイル名を指定して実行 を起動します。
shell:startupと実行すると、Startupディレクトリが開きます。
ここに、clibor.exeのショートカットを置いてください。これにより、PC起動時に実行されるようになります。

まとめ

クリップボードの履歴を活用することで、作業効率がアップします。

win10標準では、再起動時にクリアされたり、履歴の検索ができなかったりと、わりと不便な箇所があるので、テキストに関しては、cliborと併用することで、快適になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました