【GDPを徹底解説!】「名目GDP」と「実質GDP」の違いから、世界のGDP推移・割合まで紹介。

経済

GDPに関するニュースをよく耳にします。

恥ずかしながら、GDPについてよくわかっていません。。

いくお
いくお

GDPは国内の経済規模・景気動向を示す指標として用いられていますが、実はよくわかってない(忘れてしまう)ことも多いと思います。

今回、「GDPの定義」から「名目GDP」「実質GDP」などの用語を整理して紹介します。後半には、現在の日本・世界の状況などの比較もしていますので、本記事を読んだらニュースが理解できるようになると思います。

【知識編】GDPの基礎知識を習得しよう!

GDPとは

GDPは、“Gross Domestic Product”の略で”国内総生産”と呼ばれています。

各単語を訳すと以下のようになります。
Gross    … 総、合計
Domestic … 国内
Product   … 生産

内閣府のHPでは、GDPを以下のように説明しています。

GDPは国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額。

内閣府 GDPとGNI(GNP)の違いについて

ポイント!

  • ”国内”とありますので、生産者の国籍は問いません。
    一方、国内であるため、海外で生産している日本企業の付加価値は含まれません。
    こちらは、GNP(Gross National Product)“国民”総生産で確認できます。
  • ”付加価値”が対象です。
    例えば、ラーメンを1,000円で販売した時、作るのに300円かかったとすると、700円が付加価値になります。
いくお
いくお

なぜ付加価値に着目しているのか?

もし原材料を含めると、売買が繰り返される度に、重複して計算されてしまうので、付加価値で見ているのですね!

上記のポイントを踏まえると、

経済規模を測る指標」として用いられている理由がわかります。

「名目GDP」と「実質GDP」とは何か?

「名目GDP」と「実質GDP」の違い

実は、GDPには2種類あります。

それは「名目GDP」と「実質GDP」 ですが、

「名目」か「実質」の違いは、物価変動を反映させているかどうかです。

「名目GDP」とは

前述の説明は、「名目GDP」と考えてください。再掲します。

名目GDPは、「国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額」です。

「実質GDP」とは

実質GDPは、「名目GDPから物価変動の影響を取り除いたもの」です。

例えば、ラーメン1,000年を1年間で1万個売ったとします。

※単純化するため、国内はラーメン屋のみ、コスト0円とします。

すると、GDPは1,000万円となります。

2年目を2通り考えてみます。

同じ価格で、販売数量が1.2万個になったとします。(数量変化)

この場合、名目GDPも実質GDPも同じ1,200万円です。(1,000円×1.2万個)

次に、200円値上げし、1年目と同じ数量である1万個売れたとします。(価格変化)

この場合、名目GDPは 1,200万円です。(1,200円×1万個)

一方、実質GDPは、価格変動の200万円(200円×1万個分)の増加を差し引いて計算しますので、

1,000万円となります。

「名目GDP」と「実質GDP」の使い分け

では、「名目」「実質」どちらを見ればよいのでしょうか。

「名目GDP」は「価格」と「生産量」の両方を見ていますが、

「実質GDP」は「生産量」の動きを見ています。

何を見たいかによって変わってきますが、

大枠以下のように理解しておくといいと思います。

「名目GDP」… 経済規模を知りたい

「実質GDP」…成長度合いを知りたい

よく経済成長率を見ることが多いと思いますが、

その場合、価格変動を考慮しない「実質GDP」で見ることが多いです。

名目値では、インフレ・デフレによる物価変動の影響を受けるため、経済成長率を見るときは、これらの要因を取り除いた実質値で見ることが多い。

内閣府 名目値と実質値の違いは?

【実践編】 GDPで世の中を見てみよう!

世界の名目GDP推移

大きなところから見ていきましょう。

世界の名目GDPは、2020年時点で約85兆ドル規模になっています。

名目GDP国際比較

内訳をみると、上位5か国合わせると、半分以上を占めていることがわかります。

また、「米国」「中国」だけで4割を占めており、存在感が大きいです。

さらに、時系列でみてみましょう。

時系列でみると、中国が急増していることが分かります。

米国を猛追していますね。

一方、日本は残念ながら、横ばいが続いています。

ドイツやインドが伸びていることからも、日本が第三位と言ってもいつまで続くか怪しい状況です。

一人あたり名目GDPランキング

下記は、世界銀行が発表しているデータを元に作成したものです。

世界銀行が公表しているデータのCountryを対象としてランキングしています。

[]内が順位ですが、TOP10に加え日本と中国を記載しています。

中国はまだ一人当たりに換算すると日本よりも低い水準ですが、

一人当たりGDPも当然、急増していますので今後も注目に値するでしょう。

まとめ

以上、GDPについてまとめました。

  • GDPは、Gross Domestic Productの略
  • GDPは国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額
  • GDPには、「名目GDP」「実質GDP」の2種類が存在する
  • 名目GDPは、規模を把握したい時に主に参照する
  • 実質GDPは、経済成長を把握したい時に主に参照する

参考資料

[1] 内閣府 GDPとGNI(GNP)の違いについて
[2] 内閣府 名目値と実質値の違いは?
[3] The world bank GDP

コメント

タイトルとURLをコピーしました