決算書の単位変換が容易にできる方法【千円、百万円、十億、兆円を行き来する】

ビジネス

決算書を読んでみると、12,000 百万円、34,000千円など、金額の規模がすぐに理解できないです。。いちいち数えるのが面倒。

いくお
いくお

決算書を読むようになって、同じ悩みを抱えていました。
私は、単位変換表をメモ帳に書いていて、何度か見返しています。

決算書の数字が読みにくい問題

決算書の数値は、(千円)、(百万円)を単位に記載されていることが多いと思います。

しかしながら、123,000千円 といわれても咄嗟に、いくらくらいなのかというのがイメージできません。

今回、紹介する単位変換表を用いることで、少し頭の中での変換が楽になるかもしれませんので、試してみてください。

武器:単位変換表を活用する

下記に、数値と単位の対応表を用意しました。
決算書に表れる「千円」「百万円」「十億円」「兆円」というのは、3桁毎の表現です
数値と単位の対応がとれるまで、下記を確認しながら頭で変換できるように訓練しましょう。

数値 (オーダー)日本の単位英語の単位
1,000 (10^3)thousand
1,000,000 (10^6)百万million
1,000,000,000 (10^9)十億billion
1,000,000,000,000 (10^12)trillion

実際の決算書に挑戦!

それでは、例としてスノーピークの決算書を題材に、やってみましょう。

Case1; 2019年の売上高 14,260,803 (千円)

株式会社スノーピーク 第56期
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/83c1916f/bf60/454b/bb90/d26e1946d8d8/S100IC1B.pdf
  1. 別の単位へ変換する.
    ※分かりやすく、単位変換した領域は取り消し線で。
    14,260,803 (千円) → 14,260.803 (百万円) → 14.260.803 (十億円)
  2. 使い慣れた表現に変換する
    約140億円。もう少し具体的に把握するには、上の取り消し線部分を取り入れ、約142.6億円となります.

Case2: 2019年の営業外収益 81,493(千円)

  1. 別の単位へ変換する.
    ※分かりやすく、単位変換した領域は取り消し線で。
    81,493(千円) → 14,493 (百万円)
  2. 使い慣れた表現に変換する
    約1,400万円。もう少し具体的にするには、取り消し線部分を復活し、約1,449万円.

まとめ

日本の単位が、千、百万、十億、兆、と、10^3毎に変化していくことを覚えておきましょう。決算書の単位で、三桁を超えている場合は、上の桁で表現してみると、しっくりくると思います。

慣れるまで、実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました