【サンフランシスコ】4大サードウェーブコーヒーショップを巡る

カフェ
いくお
いくお

サンフランシスコ近郊は、サードウェーブの火付け役と言われているブルーボトル発祥の地です。4大サードウェーブと言われている「ブルーボトルコーヒー」「サイトグラスコーヒー」「リチュアルコーヒー」「フォーバレルコーヒー」を紹介します。私は3つ訪れることが出来ました。

サードウェーブコーヒーとは

コーヒー文化は、3つの変遷を辿ってきています。簡単に説明すると以下です。

第1の波は、品質より経済性が重視され、一般家庭に広くコーヒー文化が浸透しました。

第2の波は、味を重視し、コーヒー豆にもこだわりを持つようになりました。

そして、第3の波として、コーヒー豆の産地から、コーヒーの淹れ方までこだわるようになります。より品質を重視し、コーヒーを飲む体験に価値を広げてきたのがサードウェーブです。

ファーストウェーブからサードウェーブまで下記に整理します。

世代時代特徴嗜好
ファーストウェーブ
(第1の波)
19世紀~1960年頃品質より経済性
大量生産・大量消費型のコーヒー文化
「アメリカンコーヒー」
浅煎り
セカンドウェーブ
(第2の波)
1960年代品質を重視。
高品質の豆を使用。
「シアトル系コーヒー」
深煎り
サードウェーブ
(第3の波)
1970年代コーヒーを飲む体験。
豆の産地、淹れ方にもこだわる。
浅煎り

サンフランシスコ近郊発祥の4大サードウェーブコーヒーショップ

ブルーボトルコーヒー (Blue Bottle Coffee)

サードウェーブの火付け役と言われ、コーヒー界のAppleとも呼ばれています。

創業者のジェームス・フリーマン氏が、自宅のガレージから始めたそうです。コーヒー界のAppleと言われているのも、こういった共通点があるからなのですね。

オークランドで創業し、サンフランシスコ各地にカフェを出店してきました。
2015年には、アメリカ国外初の店舗として、清澄白河フラッグシップカフェを出店し、注目を浴びました。4大コーヒーの中で唯一、日本に上陸しています。

カフェで販売している豆は、「焙煎してから48時間以内の豆のみ」のため、常に新鮮な豆で味わうことができます。

サイトグラスコーヒー (SIGHT GLASS Coffee)

モリソン兄弟(ジャスティン・モリソン, ジェラード・モリソン)が共同で創業ました。ジェラード氏は、最初期のブルーボトル働いていた経験があり、焙煎前のグリーンコーヒー(生豆)に触れる機会に恵まれていました。その経験を活かして、サイトグラスコーヒーを立ち上げたようです。

グリーンコーヒーに着目し、農家と直接契約・独占契約を結び、品質向上のアドバイスを行い、毎年品質を高めていっています。

訪れた店内は広く、2回の席からは、コワーキングスペースのような場所も見受けられました。

リチュアルコーヒー (Ritual Coffee Roasters)

唯一、訪れることができませんでした。そのため、写真はありません。。。

2005年にアイリーン・ハッシ氏と、ジュレミー・トゥッカー氏によって創業されました。

焙煎から3日以内のもので、管理されているようです。

フォーバレルコーヒー (Four Barrel Coffee)

リチュアルコーヒー創業メンバーの1人であるジェレミー・トゥッカー氏が、サンフランシスコのミッション地区に第一号店をオープンしました。

フォーバレルの由来は、ローストした豆が4つの樽に入っているからだそうです。昔ながらの焙煎機を使い、人の手でおいしさを追求しています。また、オーガニックサステナブルに力を入れており、大豆生産による森林破壊・遺伝子組み換え問題を考慮し、豆乳に代わり自家製のアーモンドミルクを使用しているそうです。

リチュアルを除く3つの中で、最も酸味が強い印象があります。

日本未上陸ですが、フォーバレルコーヒーと提携した「Sunny’s Coffee」が栃木県大田原市にオープンしているそうです。

まとめ

今回、サンフランシスコ近郊の4大サードウェーブコーヒーを紹介しました。

サンフランシスコへ行く時には、ぜひチェックしてみてください。

また、日本でも2015年頃から、サードウェーブが入ってきており、ブルーボトルコーヒーも訪れることができやすくなってきています。他のコーヒーショップも日本上陸することがあるかもしれませんので、要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました